作業員

段階的なリフォーム│モデルルームへ見学に行ってみる

つまりの対策法

修理

住宅で排水つまりが起こりやすい場所が、キッチンとトイレです。特にキッチンは食べ物カスといった異物が蓄積しやすい場所なので、排水つまりが起こりやすいのです。日ごろから、小まめに掃除しておくことで排水つまりは防げるでしょう。ホームセンターなどで販売している、排水の洗浄剤を使用すると更なる効果が期待されます。また、水の使用量を増やすのも効果的です。水の流れを良くすることで、異物の蓄積が解消されるのです。配管に異物が蓄積しないことにより、悪臭対策にもなります。
その次に多い、トイレの排水つまりは、トイレットペーパー以外も異物を流してしまうことで発生します。切らしたトイレットペーパーの代用品として、ティッシュペーパーを使用するケースが多く、水溶性ではないティッシュペーパーは排水つまりを引き起こす最大の原因になるのです。ティッシュペーパーの商品によっては、トイレに流せる商品があります。しかし、トイレに流す際は適量を守ることが大前提です。
トイレの排水つまりは、ラバーカップを使用して対処ができます。しかし、排水つまりが頻発するようであれば、トイレの内部に不具合が起きている可能性があるため、水道修理業者に見てもらうと良いでしょう。毎日使用する、キッチンやトイレに不具合が生じると、日常生活に支障をきたしてしまいます。そのため、日頃からメンテナンスや使用方法に気を配り、水回りの状態を維持することが大切なのです。